製品の売上向上に貢献|ラウンダーを利用するメリットを大公開

レディ
  1. ホーム
  2. 製品の売上向上の為に

製品の売上向上の為に

PC操作

取引先のスーパーやデパートなどの店舗を巡回し、自社製品の売上向上を目的とした企画や工夫の「発案」と「交渉」を行う職業をラウンダーと言います。ラウンダーは営業や販売、サービス業に分類はされますが、既に取引のある店舗との交渉が主な業務であり、新規お客様の開拓が主である営業の仕事とは、形態が少し異なります。ラウンダーの業務内容ですが、まず店舗に出向いたら自社製品の売上数と陳列場所の確認、購入したお客様からの「クレーム」の有無などを、売り場担当者から「ヒアリング」してくれます。それらを本社へありのまま報告し、そのヒアリングした情報を基に、売上向上の為の企画や工夫の発案を行ってもらいます。特にお客様から自社製品の返品やクレームがあった場合には、迅速に製品の改善を行なってもらう必要がありますので、売り場担当者がラウンダーとしっかり情報共有をしていくこととなります。そして製品の売上向上に最も直結とされているのが、製品の「陳列場所」です。お客様から見えやすく、そして手に取りやすい場所に陳列してもらう為には、売り場担当者または責任者との「交渉」が必要不可欠なのです。その為ラウンダーは、自社製品の長所や特徴をしっかり把握して対応してくれます。また、なかには売り場に立って自社製品のアピールの仕方を、売り場スタッフに直接レクチャーするラウンダーも少なくありません。直接指導してもらうことにより、どの売り場でもお客様目線に立った接客ができ、同時に売り上げ向上に直結します。